関節を痛めない運動法を紹介。

関節の健康を保つためには、コンドロチインやグルコサミンの摂取の他に、適度な運動も必要です。
こちらでは、運動の必要性や関節を痛めない運動法を紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。

関節の健康に運動は必要?

運動は、変形性関節症などを悪化させるように思われがちですが、実際、適切な運動は、変形性関節症に非常に良いのです。

これは、適切な運動を行うことで、症状は和らぎ、体重が減少するため、関節への負担が減るためです。
また、免疫能力を高め、体全体の健康促進に役立ちます。

定期的に運動をしている方に、変形性関節症の患者は少ないのです。

怪我や病気などで、体を休めるために活動量を減らすと、体はエネルギーの消費を最小限に抑えようと、筋肉や骨を意図的に退化させてしまいます。

運動を減らすと、筋肉は強さや柔軟性や失い、関節の可動域が狭くなり、骨や軟骨も痩せ細ります。
こうなると、変形性関節症はどんどん進行してしまうのです。

コンドロイチンやグルコサミンは、軟骨を修復しますが、関節の健康のためには、運動も必要なのです。

運動を行うメリット。

運動は、関節を支える筋肉・靭帯・腱を鍛えますので、これにより関節の可動域や柔軟性、緩衝性が保たれます。

鍛えられて筋肉などは、体を動かす動作に伴う衝撃を受け止め、体全体を支えます。
つまり、関節にかかる負担を軽減し、軟骨を守ってくれるのです。

これがコンドロイチンやグルコサミンの摂取とともに、運動が必要な理由です。

また、ストレスの解消、快適な睡眠、病気への抵抗力の向上、生活習慣病の予防など、適切な運動することは、体にも心にも良いことばかりなのです。

そのためにも、コンドロイチンやグルコサミンをしっかり摂取し、丈夫な軟骨を手に入れて下さい。

関節を痛めない運動法とは?

いくら運動が体に良いと言っても、体の現状に合わない無理な運動は負担を与えるばかりになってしまいます。

下記に、変形性関節症を患っていても比較的楽にできる運動を紹介しますので、自分に合った運動法をお探し下さい。

【ウォーキング】

循環器を鍛え、脂肪を燃焼し、体の調子を整えます。
ただし、ゆっくりしたペースで歩いていても心拍数が上がりませんので、早歩きぐらいのペースで歩きましょう。
ウォーキングは衝撃が少なく、走る際ほど地面を強く蹴りませんので、関節にかかる負担も少なく済みます。
有酸素運動として行うことが大事なので、ペースを保って下さい。

【サイクリング】

長所としては、ウォーキングと共通するものが多いですが、下半身で体を支える必要が無いことから、特に下半身への負担が少ないことがサイクリングの特徴です。
膝や腰が悪い方は、楽にできる運動ですが、体全体を支える必要が無い分、骨を丈夫にする効果にはあまり期待できません。
しかし、ウォーキングに比べて、四頭筋など腿の筋肉(歩く時の衝撃を主に吸収)が短い間に鍛えられます。

【水中エクササイズ】

浮力が体重を支えますので、関節に負担をかけません。
医師や理学療法士なども水中エクササイズを支持しています。
また、心拍数が極端にあがることがないので、運動が続けやすく人気です。

【ストレッチ】

ストレッチ(柔軟体操)は、変形性関節症の方には特に重要と言われています。
しかし、間違ったやり方は、逆に体を痛めてしまいますので、下記のポイントを参考にして下さい。

  • 必ず体を温めてから行って下さい。
  • 自己流でやらずに、正しい方法を学んで下さい。
  • 力を抜いて伸び、その姿勢を保つのが効果的なストレッチです。
  • 痛ければ、止める、を心掛けて下さい。
  • 1回20分程度で、週3回を目安にして下さい。
    週3回以上のストレッチは、柔軟性を高めると言われています。

・本サイトの利用は、コンドロイチンの効果のトップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2009 コンドロイチン.com. All Rights Reserved.