コンドロイチンの効能を解説。

コンドロイチンは、軟骨を守る作用や関節痛の緩和する効能以外にも、様々な働きを持っています。

当ページでは、その優れたコンドロイチンの効果について詳細に解説していますので、ぜひ参考にして下さい。

コンドロイチンの持つ効能。

皆さんが気になるコンドロイチンの効能を解説しています。
食品やサプリメントを上手に利用して、日々の健康に役立てて下さい。

血管を若く保ちます。

血管に含まれるコンドロイチンは、血液中のコレステロールの増加を防ぎます。

また、血管壁にコレステロールが沈着するのを抑える働きがありますので、血液の清浄と血管の強化という2つの側面から、血管の若さを保ち、動脈硬化などを予防します。

不要な「血管新生」を阻止します。

血管新生は、傷・骨折の治療過程や妊娠時などにおいては、生命を維持する上で不可欠な機能です。

しかし、必要もなく血管新生が起こると病気を引き起こす原因となります。
例えば、ガンの腫瘍が増殖する際に見られる血管新生は、その最たるものです。

コンドロイチンは、体内で生じる血管新生を「必要な時には生成を促し」、「不要な時には生成を抑え」コントロールする役割を持っています。

この働きにより、ガン予防やガン細胞の増殖・転移の阻止にも期待されています。

骨粗鬆症の予防に役立ちます。

コンドロイチンは、カルシウムの働きを助け、骨を丈夫に保ちます。

骨は、コラーゲンにカルシウムが沈着してできており、その際に、カルシウムをコラーゲンに糊付けする役割をしているのがコンドロイチンです。

そのため、コンドロイチンが不足すると、血液中のカルシウムを上手く糊付けできず、スカスカな骨となってしまい、骨粗鬆症の原因ともなります。

目の健康を守ります。

コンドロイチンは、水晶体と周囲の筋肉である毛様体筋に多量に存在し、目の自動焦点機能を円滑に進める役割を果たしています。
不足すると、水晶体が十分に膨らまなくなって老眼の原因となります。

コンドロイチンは水晶体の奥にある硝子体にも豊富に含まれています。
不足すると、硝子体の変形を招き、飛蚊症を引き起こす原因となります。

また、糖尿病性網膜症や眼底黄斑の退化など、失明に至る目の病気の多くは、網膜にできる血管新生が原因と言われています。
上記で、説明しているとおり、コンドロイチンには、不要な血管新生を阻止する働きがありますので、これらの病気の予防や改善にも期待されています。

体の抵抗力を高めます。

コンドロイチンには、ウイルスや細菌などの感染を防ぐ効果が言われています。

これは、体内にコンドロイチンが豊富にあることで、細胞同士の結合が非常に強固になり、ウイルスなどの入り込む隙間が無くなるためです。
また、細胞自体を活性化させ、免疫力を高める効能があるとも言われています。

コンドロイチンが持つ美肌への効果。

美しい肌を作るために、コンドロイチンがどのように関与しているのか学びましょう。

若い健康な肌は、よく「みずみずしい」と表現されますが、まさに若い人の肌は水分に満ち溢れており、 赤ちゃんの肌が、その最たるものです。

水は、人体にとってまさに「生命の泉」と言うべき重要なもので、美容だけでなく健康を保つためにも欠かせません。

体には、常に一定量の水をキープするための貯水タンクが用意されており、それが細胞と細胞をつなぐ結合組織であり、コンドロイチンなのです。

つまり、美しい肌のためには、ハリだけではなく、水分保管が欠かせません。
コンドロイチンは大きく以下の2つの作用で、美しい肌を作ります。

重量の数百倍という驚異的な保水力で、体内の水分をしっかりキープ。

真皮を形成するコラーゲン繊維を正常に保ち、肌の弾力を維持。

上記の効果によりコンドロイチンは、コラーゲンやヒアルロン酸とともに、美肌の三大栄養素と呼ばれています。

・本サイトの利用は、コンドロイチンの効果のトップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2009 コンドロイチン.com. All Rights Reserved.