上手に摂取するために。

コンドロイチンは、鶏の軟骨、フカヒレなどの食品に多く含まれています。
しかし、日常的に摂取するには難しい食品が多いので、サプリメントを利用されるのもよいでしょう。
また、グルコサミンと同時に摂取するこで、飛躍的に効果が向上することが明らかになっていますので、当ページを参考に上手に摂取して下さい。

コンドロイチンを含む食品。

コンドロイチンは、フカヒレやウナギ、鶏の皮や軟骨、魚の骨や軟骨、スッポンやドジョウなどの食品に含まれています。

また、熊の手の平や鶏冠、クジラの脳軟骨、サケの鼻軟骨、鹿茸(シカの生えたての角)などはコンドロイチンの宝庫と言われています。

しかし、上記などの食品を毎日摂取することは、なかなか難しく、また、食べ物には微量にしか含まれていないため、十分な量を摂取することができないと言われています。

そのため、コンドロイチンのサプリメントは非常に注目を集めているのです。

料理の際のポイント。

食品からコンドロイチンを効率良く摂取するためには、調理法に工夫が必要です。

コンドロイチンは、水に溶けやすい性質なので、スープやお鍋などの調理法が最適だと言われています。

例えば、若鶏のガラや手羽先をコトコト煮込むと、骨や関節に含まれているコンドロイチンが湯の中にどんどん溶け出してきます。
これをそのまま飲んだり、他の料理のベースにすると良いでしょう。

ただし、注意点としてコンドロイチンを豊富に含む動物性の食品は、脂肪の含有量も多いため、取り過ぎると逆に肥満などの原因ともなってしまいます。

気になる方は、サプリメントの利用もよいでしょう。

コンドロイチンとグルコサミン。

コンドロイチンとともに、軟骨に重要と言われている成分に、グルコサミンがあります。

これは、コンドロチインの『軟骨を守る』働きに対して、グルコサミンが『軟骨を作る』は働きを持っているためです。

グルコサミンとコンドロイチンを同時に摂取することで、軟骨を再生させる効果が飛躍的に向上することが様々な研究で発表されています。

また、グルコサミンは、美肌に大切な保水性や弾力性を持ち、ヒアルロン酸の生合成を促進させますので、2つを組み合わせたサプリメントが人気となっています。

摂取時の注意点。

コンドロイチンは、もともと体内で合成される栄養素であるため、副作用が少なく、安全性が高いと言われていますが、下記のような注意点もあります。

■経口摂取による副作用として、まれに吐き気や腹痛を起こす場合があります。

■喘息疾患の方は、症状を悪化させるかもしれないので、注意が必要です。

■ワルファリンとの併用は、ワルファリンの作用を増強する可能性があります。

・本サイトの利用は、コンドロイチンの効果のトップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2009 コンドロイチン.com. All Rights Reserved.