コンドロイチンZS錠の紹介。

こちらでは、ゼリア新薬から販売されており、注目を浴びている医薬品「コンドロイチンZS錠」について紹介しています。
関節痛や神経痛、腰痛や五十肩、神経性難聴などに効果・効能を発揮する医薬品で、1錠中にコンドロイチン硫酸ナトリウムが260mg含まれています。美容や健康に役立つ成分としてサプリメントでも人気が高まりつつあるコンドロイチンの医薬品版ですので、その効果は臨床実験などで実証済みの信頼性の高いものとなっています。

コンドロイチンZS錠。

コンドロイチンは、タンパク質や核酸(DNA)に続く第3の生命鎖として、近年注目されているムコ多糖を代表する物質で、体内に広く分布し、関節軟骨や骨などの硬組織の他にも、脳神経組織など殆ど全ての臓器や組織に含まれ、各器官において重要な役割を担っています。

コンドロイチンの体内での生成量は年々低下するため、30歳以降は積極的にコンドロイチンを摂取する必要があると言われています。

その中でも特に、コンドロイチンZS錠は、軟骨を構成する成分の1つであるコンドロイチンを飲むことで、軟骨のクッション機能の衰えを改善する、つまり体の内側から治療することを目的としています。

関節軟骨の柔軟性や表面を滑らかに保つことができれば、いつまでも若々しく元気に活動することが出来ます。

コンドロイチンのサプリメントはたくさんありますが、コンドロイチンZS錠は医薬品として厳しい審査をクリアしており、また効果・効能は臨床実験などで実証済みです。

・本サイトの利用は、コンドロイチンの効果のトップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

|ゼリア新薬のコンドロイチンZS錠|DHCのコンドロイチンサントリーのコンドロイチン

Copyright (C) 2009 コンドロイチン.com. All Rights Reserved.